印刷通販なら激安価格・送料無料、パンフ・カタログ・チラシの印刷君|簡単見積・簡単WEB注文・簡単WEB入稿

ホーム >テクニカルガイド > 対応アプリケーション一覧 > Adobe Photoshopでの入稿について

フォトショップ

Adobe Photoshopでの入稿について


チェックポイント


仕上がりサイズの再確認

仕上がりサイズは正しく設定出来ているか今一度確認下さい。仕上がりサイズの誤りはデータ作成過程はもちろん、製版印刷工程においても大きな影響を及ぼしますので、データ作成開始時はもちろん、入稿直前にも今一度確認をお願いします。

トンボと塗り足し

Photoshopでデータを作成する場合は、トンボをつける必要はありません。
通常は仕上がりサイズでデータを作成していただいてかまいませんが、色や画像がフチまであるときには、天地左右に断ち落とし分の3mmずつを追加した寸法で作成し、そのフチまで画像や色が届くようにしておいてください。印刷後の断裁時には、3mmずつ内側で断ち落としになりますので、断ち落とし分を意識したデータ作成が必要となります。

塗り足し

カラーモードはCMYK

入稿データは必ずCMYKモードに変換しておいてください。RGBからCMYKへの変換時に、それぞれのモードの色域の違いから色合いが少なからず変わってしまいます。印刷用途のCMYKの方がモニター再現を前提としたRGBよりも色域が狭く、CMYKに変換すると通常くすんだ色合いに変わってしまいます。出稿者が最終の色合いを充分確認した上で当方に送られるようお願いします。

RGBからCMYK

 

文字やオブジェクトの配置について

文字やその他オブジェクトの配置は、仕上がりサイズより3mm以上内側になるようにしてください(意図的な場合は除く)。断裁時の紙のズレ等で文字や画像等がカケてしまうのをあらかじめ避けるためです。

書類内マージン

画像解像度について

画像解像度は通常300〜350dpiで作成してください。ポスター等や距離をとって見る印刷物でも200〜300dpiになるように作ってください。解像度不足のデータであっても、当方はそのまま印刷しますので、あらかじめ確認ください。
Photoshopでピクセル数の少ない写真を拡大して高解像度画像にしても、きれいな仕上がりにはなりませんので、あらかじめ高解像度スキャナーや高画素数のデジカメで取り込んだ写真を利用してください。

 

ブラックのオーバープリント

当方では、印刷上のトラブルを避けるため、C0%M0%Y0%K100%の色に対し一律にオーバープリントがかかるように設定されています。しかし写真についてはこの機能は及びません。もしIllustratorから写真化したものであるなら、Illustrator上でブラックのオーバープリントを設定したうえで、写真に変換されることをお勧めします。Photoshop上でブラック100%の文字を入れる場合などには、乗算処理や背景になる柄に含まれる色味をブラック100%の文字にいくらか含めること等で、色ズレによるトラブルをあらかじめ避けるようにしてください。

ブラックの版ズレイメージ
ブラックの版ずれ

入稿データ形式について

入稿データはEPSを基本としてください。EPSのJEPGエンコーディングは容量を軽くでき便利ですが、JEPGエンコーディングは不可逆圧縮であり、設定によっては画質を落としてしまう場合もありますので、それを認識したうえで入稿してください。Photoshop形式で入稿される場合は、画像の統合を行って分かり易い、軽いデータにしておいてください。

請求書払い(売掛)サービスのご案内
売掛請求書払い(あんしん決済)
公共機関・施設も請求書後払い対応します。

商品案内&価格表

オンデマンド印刷
オフセット印刷

オプション加工・料金

折り加工 / ナンバリング
ミシン目加工 / PP貼加工
孔開け加工 / 筋入れ加工
その他
 → 詳細は こちら のページで

制作上の注意点各種テンプレートフォントについて対応アプリケーション一覧

(C) 2008 NAIGAI Co.,Ltd. All Rights Reserved
Japan Only