印刷通販なら激安価格・送料無料、パンフ・カタログ・チラシの印刷君|簡単見積・簡単WEB注文・簡単WEB入稿

ホーム > テクニカルガイド > メディア入稿について

メディア入稿について

CD-R、DVD-Rなどのメディアでの入稿も受け付けています。入稿されたデータはもとより、メディア、添付されていた資料等もお返しすることはできま せんので、メディアの価格が相対的に高いものはお勧めできません。MO、USBメモリ、メモリカード、CD-RW、DVD-R(二層)、DVD-RAM 等はお避けください。価格はもちろん、通常のDVD-ROMドライブ等が対応している形式のメディアのみをご利用ください。また、これら入稿データ、メディア等は当該発注のみに利用されるものであり、利用後はすみやかに廃棄し、他への流用はいたしません。

オンライン入稿の場合と異なり、メディア入稿ではデータのみでなく、入稿表兼台割表、仕上がりサンプル等を添付して送っていただくようお願いします。ご注文番号、ご注文者名等の情報を必ず文書にて明示ください。

メディア入稿先 ネット印刷通販 印刷君
〒721-0961 広島県福山市明神町二丁目3-26

 

Windowsでの CD、DVD作成

市販のCD、DVD書き込みソフトで作成する場合、各ソフトの説明書をご確認のうえ、データCD・データDVDとして作成してください。Windowsでは、形式が明記されていなくても、多くの場合Joliet形式、UDF形式、ISO9660形式等が使われていると思われます。いずれも当方の環境で読めますが、ファイル名等それぞれに、制限があります。末尾の表をご確認下さい。
なお、当方での出力環境はMacintoshですので、ファイル名・フォルダ名は半角文字(1バイト文字)で31文字まで、全角文字(2バイト文字)では15文字と半角文字1文字分まででおつけください。また、丸数字や記号文字の使用はお避け下さい。

なお、WindowsXPでは、別途市販の書き込みソフトを購入しなくてもCDは作成可能ですから、その方法を簡略に説明しておきます。

Windowsのみで(別途に書き込みソフトを用意せず)CDを作成する方法

空のCD-R をドライブに挿入し、「マイコンピュータ」から CD-Rのアイコンを右クリックし「プロパティ」を表示させます。

XP CDドライブプロパティ
プロパティの「書き込み」タブを開きます。
「このドライブで CD 書き込みを有効にする」 にチェックを入れ、その下の選択欄で、実際にCDに書き込む前に作成されるイメージファイルをどのドライブ上に作成するかを指定します。左に表示されているように 1GB 以上空きのあるハードディスクを指定します。
書き込み速度は通常は「最速」と指定しておきます。書き込みエラーが起こるようであれば、より遅い書き込み速度を指定してください。
設定が終われば、「OK」をクリックして閉じておきます。

「マイコンピュータ」 を開き、書き込もうとするファイルを、ドラッグ&ドロップまたはコピー&ペーストで、CD-Rドライブにコピーする操作をします。

XP CDイメージ
システムより通知があり、上のようにウィンドウが表示されます。「CD に書き込む準備のできたファイル」という表示の下に、それらファイルが表示されます。
「CD書き込みタスク」内の「一時的なファイルを削除する」でこれらのファイルを削除して、書き込みをキャンセルすることもできます。

「CD書き込みタスク」内の「これらのファイルを CD に書き込む」をクリックすれば、CD書き込みが始まります。

XP CD書き込み
「CD 書き込みウィザード」で CD名を入力して「次へ」をクリックすると、実際の書き込み処理が始まります。

この作成法で作られたCDのフォーマットは、CD-ROM XA の FORMAT 1 、ファイル名の付け方は Joliet で、トラックアットワンス(追加書き込み可能) で作成されているようです。

MacintoshでのCD、DVD作成

Mac OSXの場合、市販のCD、DVD書き込みソフトで作成しなくても、Finderから簡単にCD、DVDを作成できます。空のCDをドライブに挿入し、表 示されるダイアログから「Finderを開く」設定にすれば、デスクトップ上にCDのアイコンが表示されます。それにファイル・フォルダをコピーして「ディスクを作成」をクリック、またはゴミ箱にドラッグすればCD・DVDに書き込むことができます。「ディスク作成フォルダ」を利用した作成方法もあります。他の市販の書き込みソフトをご利用の場合は、各ソフトの説明書をご確認のうえ、データCD・データDVDとして作成してください。空のCDやDVDを挿入した時の動作については、「システム環境設定」の「CDとDVD」の設定で決まりますので、ご確認の上作成してください。FinderでCD・DVDを作成した場合、MacのみではなくWindows等でも読み込める「ハイブリッド」フォーマットになります。Macのヘルプによれば、「ディスクには HFS+、ISO-9660(Rock Ridge 拡張付き)、および Joliet(Rock Ridge 拡張付き)の各ファイルシステムが含まれ」ると記されています。このFinderでの書き込みはディスクアットワンス(追加書き込み不可)です。高機能の市販ソフトでは、多くの場合、HFS+形式、UDF形式、ISO9660形式等に対応していますが、Windows環境同様いずれもファイル名等に規定がありますので、末尾の表を確認下さい。

OS 9 の場合は OS付属の Disc Burner または市販ソフトを利用して作成することとなりますが、ここでは説明は省きます。それぞれのヘルプ・説明書をご確認ください。Disc Burner での作成も HFS+ と ISO-9660 のハイブリッド形式で作成されます。

当方での出力環境は同じ Macintosh ですが、Windows での説明で記したのと同じく、ファイル名・フォルダ名は半角文字(1バイト文字)で31文字まで、全角文字(2バイト文字)では15文字と半角文字1文字分まででおつけください。また、丸数字や記号文字の使用はお避け下さい。これは CD作成上の規格とは別のことです。

CD/DVD 書き込みの規格


ISO 9660 この規格で焼けば Windows・Macintosh 両環境で読むことができますが、日本語が扱えません。「レベル1」の場合、8.3形式のファイル名だけが使え、「レベル2」なら32文字まで。ただし日本語が使えないのみでなく半角数字に英大文字とアンダースコアしか使えません。ディレクトリ (フォルダ) は8階層まで。レベル3もありますが、Mac OSでは読めません。CDに「ISO 9660」と明記してある場合、通常は「レベル1」のことを指します。
Apple ISO ISO 9660 のアップル拡張形式です。Macファイル上の情報 (リソースフォーク等) は保持しながら、Windowsでも(ISO 9660のレベル2として)読めるCDになります。日本語ファイル名は ISO 9660 の規格外になりますが、Windowsでも表示することができます。OS X では、日本語のボリューム名にするとマウントできず、日本語ファイル名も表示できません。
Joliet ISO 9660のマイクロソフト拡張規格です。ファイル名に日本語が使え、Unicodeで64文字まで可能です。MacはOSXでは同じUnicodeでもあり読めますが、OS 9以前では、ファイル名が ISO 9660 レベル1の8.3形式に置き換えられ、それ以上のファイル名は伝わりません。
HFS+ (HFS) これらはMac専用です。HFS+ はMacOS 8.1以降が対応しています。
Hybrid CD-ROM Hybrid(ハイブリッド)CD-ROMは、WindowsとMacであればJolietまたはISO 9660とHFS+ またはHFSの二つの形式で記録します。UNIXのRockRidgeとのHybridもあります。同じデータを両方から呼び出せるようにして容量の節約もできます。組合せにもよりますが両環境で日本語ファイル名が使えます。この形式のCDは基本的にMacからしか作れません。
Romeo Windows専用の ISO 9660 の拡張規格です。ファイル名の長さ次第ではMacでも読めるかもしれません。
RockRidge UNIX (POSIX) の ISO 9660 の拡張仕様です。ISO 9660 レベル1としてならWindowsやMacでも読むことができます。
UDF DVD の規格でもありますが、Mac、Windows、UNIX (POSIX)、OS/2等、互換性を最大限に考えたフォーマットです。ファイル名は2バイトのUnicodeで127文字(255バイト、パスで 1023バイト)までで、Windowsでは2000とXPで読めます。Macの場合は、DVDでは OS 8.1 から対応しています。もちろん OSX ではCD・DVDとも対応しています。
UDF Bridge ISO 9660 としてもアクセスできるUDFです。UNIXのシステム標準で読めることを可能にしたものです。

 

請求書払い(売掛)サービスのご案内
売掛請求書払い(クロネコ掛け払い)
公共機関・施設も請求書後払い対応します。

商品案内&価格表

オンデマンド印刷
オフセット印刷

オプション加工・料金

折り加工 / ナンバリング
ミシン目加工 / PP貼加工
孔開け加工 / 筋入れ加工
その他
 → 詳細は こちら のページで

制作上の注意点各種テンプレートフォントについて対応アプリケーション一覧

(C) 2008 NAIGAI Co.,Ltd. All Rights Reserved
Japan Only