ご注意!
マットコート紙の裏移りについて
裏移りとは、印刷後に重ねた印刷物の重なり合う紙と紙の間でインキが移ってしまう現象をさします。裏移りを防ぐためにパウダーと呼ばれる微粉末を使用して紙と紙の間に隙間を作り、インキが移ることを防いでいますが、充分インキが乾いた状態でも、化粧断裁時や移送時に、若干の裏移りが発生することがあります。
弊社では、特に裏移りの発生しやすいマットコート紙で印刷する場合は、十分に乾燥させてから断裁するなどの対策を行っておりますが、デザインや写真などの総インキ量によっては、避けがたく裏移りが発生してしまう場合があります。
その意味でマットコート紙は、多少の汚れより、質感や風合いを重視される方向きです。予めこの特性にご留意いただき、断裁位置に濃い色のベタを使用しない、画像のシャドウ部分のインキ量は300%程度以内におさめる等の対策を行って下さい。また、汚れを防ぐためには、コート紙のご利用がお勧めです。
裏移り