印刷通販なら激安価格・送料無料、パンフ・カタログ・チラシの印刷君|簡単見積・簡単WEB注文・簡単WEB入稿

ホーム >テクニカルガイド > 対応アプリケーション一覧 > Adobe InDesign CSでの入稿について

Indesign

Adobe InDesign CSでの入稿について


チェックポイント


使用フォントにご注意ください

フォントは弊社対応のオープンタイプフォント、欧文Type Iフォント等をご利用ください。対応フォントでない場合は、グラフィックス化(アウトライン化)していただくか、PDF入稿にしていただくか、了解のうえ当社側で類似の書体に変更する場合もあります。また、グラフィックス化した場合には、微妙なズレや、フチ文字などの特殊効果にくずれがおきる場合がありますので、配置画像に換えるなどして問題のないデータづくりをおこなってください。
また、配置ファイル内に使用されているフォントはアウトライン化してください。当方で配置ファイルを開いて修正するようなことはしません。アウトライン化されておらず、埋め込まれてもいない場合、そのフォントはバケて出力されます。

画像解像度の確認

画像の解像度は配置サイズで300dpi〜350dpi程度(モノクロ2階調画像は800〜2400dpi程度)を目安としてください。パソコン上できれいに見えていても、解像度が低いと、粗くぼやけて印刷されてしまいます。また、これ以上高い解像度になっても、画質はほとんど変わらず、ただデータ容量を大きくする結果となります。
デジタルカメラのデータはRGBカラーモードですので、フォトショップ等でCMYKカラーモードに変換し解像度調節等おこなった上で配置してください。

画像の拡大・縮小について

画像は原寸もしくは100%前後で配置し、拡大・縮小はできる限り行わないようにしてください。拡大は解像度不足になりますし、極端な縮小は写真をボケさせる原因になります。ちなみにInDesignでは、「プリフライト」を実行することで配置画像の書類上での解像度を確認することができます。

「ファイル」→「プリフライト」で行う配置画像の解像度の確認
InDesign 配置画像の解像度

「効果的なppi」が、書類上で縮小・拡大された配置画像の解像度です。

配置画像の形式 ほか

配置画像はCMYKモード、EPS形式(JPEGエンコーディング可)で、リンク配置を原則としてください。Photoshopネイティブ画像やTIFF 画像も目的に応じ使用していただいてかまいませんが、送稿データ全体の容量を肥大化させる場合があります。後者の場合もリンク配置を原則としてください。
なお、入稿時には「パッケージ...」コマンドを行い、配置画像を同一フォルダに集めリンクが更新された状態でご入稿ください。長いファイル名や不適切なファイル名はリンク切れの元となりますので注意して下さい。(ファイル名について

塗り足しの確認

オフセット印刷では、印刷後に仕上がりサイズに断裁します。仕上がり線まで色や画像がくる場合には「塗り足し」が必要になります。「塗り足し」がないと、印刷後の断裁時にわずかなズレが生じ、紙色の白い部分がわずかに残ってしまうことがあります。通常3mmの幅で色や画像の断ち落とし部分である「塗り足し」を作っておきます。
InDesignでは新規書類作成時、「ドキュメント設定...」で「断ち落とし」の設定ができます。

塗り足し

「ドキュメント設定」での「裁ち落とし」の設定
InDesign 裁ち落とし

書類内のマージンについて

塗り足しが必要なのと同様、トンボから内側に最低3mm程度のマージンをとって文字や画像を配置するようにしてください。(レイアウト上の「版面」の指定とは別です。また意図的に断ち落としにする場合は除きます。)特にノンブルや柱など、ページ数の多いパンフレットなどでは、内側のページと外側のページでは紙の厚さぶん仕上がり寸法に差ができ、ぎりぎりに置かれた文字や写真が切れてしまうことがあります。

書類内マージン

頁物・小冊子作成の場合

頁物を作成する場合は、「面付け」する必要はありません。「見開き」または「単ページ」ずつで作成してください。表紙と裏表紙については隣り合って面付けされていてもかまいませんが、本文については連続ページの見開きで作成してください。もちろん右綴じ・左綴じの間違いは、当社で行う面付けの段階で修正は出来ませんので、作成当初に正しく設定しておいてください。なお、入稿時には台割表等を添付して、明確に仕上がりが確認できるようにしてください。
三つ折りなどのデータ作成の場合には、ページを連結させる方法ではなく、表裏各1ページ内に折りを開いた状態でデータ作成してください。
折り込まれて内側に入るページについても、適切な値で短く作成されている必要があります(通常3mm程度)。折り等のトンボについては、折り位置の寸法指定等明確に指示されたものが添付されていれば、なくてもかまいません。

ページ配列例

InDesign ページ

巻き三つ折り例

InDesign 巻き三つ折り

裁ち落とし外にあるオブジェクトを印刷対象にするためには、「新規ドキュメント」または「ドキュメント設定」で「印刷対象領域」を設定することで可能となります。この機能を利用して手動で描いたトンボをプリントすることもできます。ただし、数値指定によって正確なトンボを描く必要があります。またプリント時には「プリント領域を含む」のチェックを入れた上でプリントしなければなりません。

InDesign 印刷可能領域

透明の分割・統合設定

透明効果を使用したデータの場合、プリントする場合やEPS書き出しする場合等には、透明効果が影響を及ぼす部分は「分割・統合」されなければなりません。それぞれのダイアログにある透明の分割・統合設定を「高解像度」にしてください。この設定は印刷物の仕上がりに大きく影響しますので、十分注意しておこなってください。また、「編集」→「透明の分割・統合設定」で、設定内容の確認、新規の設定を用意することもできます。(透明効果の分割・統合について

プリント時・PDF保存時(PDF 1.3)・EPS書き出し時の分割・統合設定
InDesign 透明の分割・統合

「編集」→「透明の分割・統合設定」
InDesign 透明の分割・統合プリセット

透明ブレンド領域の設定を「ドキュメントのCMYK領域を使用」にチェックを入れておきます。
InDesign 透明ブレンド領域

ページパレットの確認
InDesign ページパレット ページパレット上で市松模様で表示されたページには透明効果が使用されています。入稿時には今一度透明箇所の設定確認をお願いします。

スプレッドオーバーライドを無視

InDesignでは、「スプレッドの単層化...」の設定により個々のスプレッド(見開き)ごとに透明の分割・統合設定を適用し、ドキュメント全体やブックに設定されている透明の分割・統合プリセットに優先させることができます。
当社では、出力にあたっては、透明効果については「高解像度」、「スプレッドオーバーライドを無視」にチェックを入れない設定で出力します。「スプレッドの単層化...」で設定を変更することは、かなり意識的でないと行えないことであり、なんらかの理由があってそうしたものと理解されるためです。あらかじめご了解ください。

スプレッドオーバーライドを無視

特色の使用について

このサイトでの受注は、封筒刷込を除き原則CMYK4色印刷のみを対象としています。作成中にDICCOLOR等の特色(スポットカラー)を使った場合にも、スウォッチの設定を開き、カラーモードを「CMYK」、カラー形式を「特色」から「プロセスカラー」に変更したうえで入稿してください。当方では使用されている特色はプロセスカラーに変換して出力いたしますが、本来の「データどおりの出力」からは外れた処理を行っていることになりますので、当サイトの主旨をご理解の上、正しくプロセスカラーでのデータ作りをお願いします。また、特色のままになっていて、透明効果の影響を受けた場合、思わぬトラブルとなる場合があります。入稿用のデータを作成する際には必ず「特色」は「プロセス」に変換して保存してください。
特色と透明効果については こちら もご確認ください。

スウォッチパレット
InDesign 特色

黒丸のついた四角のマークがついている色が特色です。

スウォッチ設定で「プロセス」「CMYK」を選択
InDesign スウォッチ設定

オーバープリント設定

「プリント属性」パレットで塗りや線にオーバープリントを設定することができます。意図的にオーバープリントが設定してある場合のぞき、この設定は仕上がりに大きく影響を与えますので、「オーバープリントプレビュー」等で充分確認のうえ入稿してください。 なお当方では、可能な場合はこの属性は破棄して出力します。オーバープリントに係わるトラブルが、多くは気づかないままこの属性を設定してしまったか、この属性をもったオブジェクトを流用してしまったかに起因するためです。オーバープリントを利用している場合は、入稿時その旨指示ください。また印刷上のトラブルを避けるため、C0%M0%Y0%K100%の色に対し一律にオーバープリントがかかるように設定されています。大きな面積のブラック100%の下に他のオブジェクトや画像がある場合、その影響をうけてブラックの色合いが変わり、その差が目立つ仕上がりになる場合があります。このような場合は、ブラック以外のCMYに1%ずつの色味を入れることでオーバープリントを回避することができますので、入稿時にはこの点についてもご注意を願います。(特色とオーバープリントの詳細説明

「プリント属性」パレットの設定部分
InDesign プリント属性

ブラックのオーバープリント(左 極端化したイメージ)とその無効化(右)

ブラックのオーバープリント

トラップについて

2色以上のインキを同一紙面に印刷する場合、異なるインキが印刷される部分で隙間ができないように、各印刷版の見当合わせを行い、印刷しています。しかし 何千何万と印刷されるなかで、すべての色・柄の位置を正確に合わせることは非常に難しく、版ズレが起こり、各インキで印刷した色・柄の間に若干の隙間ができてしまうことがあります。このような版ズレが起こることを回避するため、接し合う色と色の間で一方が他方に重なり合うように設定することをトラップと呼びます。トラップは現在多くの場合は出力機のRIPによって処理されており、InDesignから直接CMYKに直接分版出力する場合のみ有効となる設定です。
ただ、データ作成時に版ズレが起こりにくくするために、隣り合う色同士にCMYKいずれかのインキ色が共通に使われるような色づかいをしたり、線に対しオーバープリントを設定したりすることで版ズレを見えにくくすることができます。

罫線について

罫線は0.17ポイント程度以下の細さにならないようにしてください。(ただし、安定した印刷結果が得られる線幅は0.25pt程度です。)細い罫線はか すれて印刷されてしまう場合や、点線状態で印刷される場合があります。また線幅が0で塗りのみが指定された線(ヘアーライン)は、通常のプリンタ出力では見えても、高解像度の出力・印刷では見えなくなってしまいますので、正しく設定するようにしてください。
配置画像のなかには、CADデータやWindowsのOfficeなどRGBデータから変換されたイラストレーターの線画データや文字のように、ブラック100%に見えて実際はリッチブラックの状態になっている場合があり、印刷すると滲んだように太くぼけた状態になってしまうことがあります。「出力プレビュー」→「分版」で事前にチェックし、ブラック100%に変更しておいてください。

「パッケージ」機能の活用

入稿用データをまとめるために「パッケージ機能」を利用してください。このコマンドを実行すると、プリフライトしたのち、必要な画像・フォントを収集し、画像については収集されたファイルとの新たなリンクが設定されます。当方との連絡用に「印刷の指示」をテキストとして添付することもできます。また、フォントについては和文フォントに限らず欧文フォントについてもライセンスの問題がありますので、収集の必要はありません。当方にない書体についてはグラフィックス化することを前提にご利用ください。

InDesign パッケージ1 InDesign パッケージ2

PDF作成(PDF入稿の場合)


InDesignで直接作成

上記データ作成上の注意点について充分確認しておいてください。
InDesign CS はフォントをアウトライン化(グラフィックス化)することができますが、それによってレイアウトくずれを起こす場合もあります。PDF入稿する場合はPDFへ埋め込み可能なフォントを使い、アウトライン化する場合もタイトル部分など小さな部分にとどめておくことをお勧めします。

なお、Acrobatをお持ちであれば、以下説明する直接書き出しより「PostScriptファイル作成」→「DistillerでPDF変換」という作成手順をとられるようおねがいします。その手順は別項で確認下さい。

PDF作成手順と設定

「ファイル」→「データ書き出し」→保存ダイアログで「フォーマット」を「Adobe PDF」にして保存してください。

InDesign PDF書出

PDF変換オプションの画面が開きます。

一般タブ
InDesign PDF一般タブ

「プリセット」を「PDF/X-1a」にしてください。デフォルトを変更すると「カスタム」にかわります。「互換性」に「Acrobat 4 (PDF 1.3)」、「標準」が「PDF/X-1a」になっていることを確認ください。この設定は、書類内に透明効果が使用されていた場合、分割・統合されたPDFが出来上がります。

圧縮タブ 画質を落とさない設定 
InDesign PDF圧縮タブ

圧縮タブについては、「ダウンサンプル」や「JPEG圧縮」を設定することは多少なりとも画質を落としてしまうことになります。出来るだけ画像は100%前後で配置し、上図のように画質を落とさない設定でPDFを作成するようにしてください。

トンボと裁ち落としタブ
InDesign PDFトンボタブ

「裁ち落としと印刷可能領域」の設定項目は、「新規ドキュメント」あるいは「ドキュメント設定」での設定内容と関連しています。それらで「裁ち落とし」が3mmに設定してあるなら「ドキュメントの裁ち落とし設定を使用」にチェックを入れてください。もし裁ち落とし外に印刷すべき物(たとえば手動で描いたトンボなど)があり、「ドキュメント設定」に10mm程度の「印刷可能領域」が設定してあるのなら、「印刷可能領域を含む」にチェックを入れてください。

詳細タブInDesign PDF詳細タブ

プロファイルの設定は「Japan Color 2001 Coated 」に、「透明の分割・統合」は「高解像度」にします。

セキュリティタブ
InDesign PDFセキュリティタブ

上図のとおりセキュリティは設定しないでください。入稿されたPDFは、出力・印刷目的でのみ使用されます。
上記設定でPDFを作成します。

PDF作成後のチェック

作成したPDFを開き、変換状態について、充分確認してください。もしプリフライト出来るソフトをお持ちであれば、それらを使って充分にチェックし、確実なデータをご入稿ください。

Readerだけでも以下のことは確認できますので、チェックしておいてください。

「ファイル」→「プロパティ」→「概要」
PDF プロパティ 概要

上図「概要」画面の赤枠部分が表示の様になっているか確認ください。

「ファイル」→「プロパティ」→「フォント」
PDF プロパティ フォント

フォントが埋め込みとなっているか確認してください。上図にはTruTypeフォントが表示されていますが、使用には十分注意してください。

InDesignのバージョンをお選び下さい

請求書払い(売掛)サービスのご案内
売掛請求書払い(あんしん決済)
公共機関・施設も請求書後払い対応します。

商品案内&価格表

オンデマンド印刷
オフセット印刷

オプション加工・料金

折り加工 / ナンバリング
ミシン目加工 / PP貼加工
孔開け加工 / 筋入れ加工
その他
 → 詳細は こちら のページで

制作上の注意点各種テンプレートフォントについて対応アプリケーション一覧

(C) 2008 NAIGAI Co.,Ltd. All Rights Reserved
Japan Only